荒川区西日暮里で腰痛・婦人科症状にお悩みなら

アリビオ鍼灸治療院

東京都荒川区西日暮里4−23−3キスナビル1階
西日暮里駅(JR・地下鉄千代田線)から徒歩5分

お気軽にお問い合わせください

TEL/FAX 03-5834-0855

受付時間:AM 9:00 ~ PM 7:00 

定休日:火曜日・祝祭日

ごあいさつ

半田 圭一

資格など
  • 鍼灸マッサージ師
  • 日本鍼灸師会会員
  • 東京都鍼灸師会会員
略歴

平成  3年 東京衛生学園卒業
平成  5年 牧田中医クリニック勤務
平成  6年 天津中医学院第一附属医院(現 天津中医薬大学第一附属医院)臨床研修
平成15年 東京スポーツ・レクリエーション専門学校(現 東京メディカル・スポーツ専門学校)
                  鍼灸師科特別講義
平成15~
       17年 東京衛生学園 非常勤講師
平成16年 国立身体障害者リハビリテーションセンター理療教育課程卒後特別研修会 講師
       同年 アリビオ鍼灸治療院開設

ひとこと

私がこの世界に入ったのは、自分自身が体を痛めはり治療を受けた事がきっかけです。
学生時代は運動部でした。その時代は「休むな」「水を飲むな」の精神論が通例でした。
疲労や風邪はもちろん、怪我による痛みで休みを申し出るという事はもってのほかでした。
また、そういう事を言えない空気感でもありました。

このような背景から無理をした結果、複数個所の腰椎椎間板ヘルニアを診断されることになりました。
自分自身が治療を受けてゆくなか、同じ思いをしている方の手助けになればと思い、この道を選びました。

痛みや疲労を取り除き、怪我をしない体を作る。そして練習や試合で最大のパフォーマンスを発揮する。
いまは一流選手がそれを唱えてくれているので、体をケアしながら運動に励む方が増えてきたように感じます。怪我や痛みをこらえ、自分を犠牲にすることは避けていただきたいと思います。

機械であれば部品の交換は出来ますが、人の体はそういうわけにはいきません。
痛みがあっても怪我を負っても一生使い続けなければならないのです。
皆様が抱えている痛みの手当てをアリビオ鍼灸治療院にお手伝いさせてください。

鍼灸師である私が解消できない問題

それは、私が自分自身を治療できないという事です。
よくこのような質問を受けます「先生は疲れないのですか?」

私も疲れたり痛みを抱える事があります。その時に自分で自身の治療ができたら一番痛い所に手が届くのですが、それが出来ないことがもどかしい・・

私も定期的に仲間の治療院で治療を受けています。自分の体のケアなくては人の治療は行えません。
自らも治療を受ける事が、患者さんの気持ちになる事だと考えております。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-5834-0855

受付時間:AM 9:00 ~ PM 7:00

定休日:火曜日・祝祭日

現在当院では治療に関するお問い合わせは
すべて電話にて対応させて頂いております。